そとであそぶなかであそぶワークショップにさんかするキャンプ場であそぶ
 
『いわて子どもの森の考え方』

 

 遊びは、本来、自由で、自主的、自発的な活動で、年齢に応じ
て楽しみ、面白さを追い求める活動であり、子どもの身体的発達、
知的発達を促し、
人と人とを結びつける活動であるなど、子ども
の健全な発達に重要な役割を担うものです。


 いわて子どもの森は、「子どもに健全な遊びを提供し、子ども
の健康を増進し、情操を豊かにすること」の目的を達成するため、
この遊びの意義を踏まえて、子どもの遊びを支援します。

 遊びの支援にあたっては、子ども自身の主体性、自発性を何よ
りも大切と考え、
子どもたちが五感を駆使して、体いっぱいに感
じて、多様な遊びや体験に取り組み、「楽しさ」「感動」「発見」
に出会えることを目指します。


 また、児童健全育成の活動が、県内各地域で積極的に取り組ま
れるよう、
児童健全育成に携わる職員の研修会の開催、移動児童
館の実施、
東日本大震災の被災地における子どもたちの遊びの支
援などを行います。

ようこそ団体さん
Let'sボランティア
よくある質問
読み物コーナー
インフォメーション